ご自宅のお庭の草刈りについて悩んでいる方へ

間伐を行う理由

森

日本はたくさんの木々に覆われた国です。日本には美しい景色が多く、いろいろな種類の生物が生息している事から多くの注目を集めています。また、森林は人間が生きていく為に必要不可欠です。人間は必ず呼吸をしなければなりません。酸素を吸って二酸化炭素を吐く、これが呼吸するという事ですが、酸素が無ければ生きていく事が出来ません。木々は人間にとって大事な酸素を作ります。それも、呼吸で吐く二酸化炭素を吸収して酸素を作ります。また、森林は地球温暖化を防いでくれます。この事から人間は森林と共に生きていかなければなりません。
森林を豊かにしていく事が重要となってきます。そのための取り組みの中に間伐と呼ばれる方法があります。間伐と言う言葉はあまり聞き馴染みの無い言葉でしょう。木が育ち大きくなると、どうしても周り木々と混み合ってしまい、太陽の光が当たらないので森全体が育たなくなります。こういった事態を防ぐ為に、木々がぶつかり合わないように何本か木を切る事を間伐と言います。間伐を行わないと、二酸化炭素を吸収する力もどんどん衰えていきます。それだけでなく、雨を吸収しなくなると土砂災害などの災害が起きます。
間伐した後の木は、幹が太くなり、最初の頃よりも大きな木に育っていきます。他には、森の土が守られる事によって、森に住む動物を守る事に繋がります。これらの理由から間伐は、森林を守るだけでなくそこに住む人達の生活を守る為に必要な行為です。